20代女性の薄毛深刻化!なぜ増えているのか?

薄毛や禿げというと、男性のイメージが強いのですが、最近では、女性でも薄毛や禿げに悩む人が増えてきました。

その理由としては、女性の社会進出があるからでしょう。

又、男性と女性では、薄毛や禿げの原因は違い、男性の多くは、遺伝的なものが多いのに対し、女性は生活習慣の乱れやストレスが原因となっているようです。

男性は、生え際や頭頂部が薄くなる「男性型脱毛症」が多いのに対し、女性の場合は、全体的に髪の毛が薄くなってくる「びまん性脱毛症」と言われるもので、加齢によって起こるものかと思いきや、年齢関係なく、20代のうちからこの症状に悩まされるという人もいます。

何と、最近では、女性の4割が一生のうちに、びまん性脱毛症になる可能性があるのです。

では、この症状は、なぜ今増えているのでしょうか?

女性の薄毛が増える理由は、先ず、間違ったシャンプーで、シャンプーは一日1回でOKなのですが、最近では、朝シャンと言われる朝シャンプーをするスタイルが流行っていて、多忙な朝のシャンプーはすすぎ残りが多くなり、皮脂が溜まりやすく、抜け毛の原因になるのです。

どんなに良いシャンプーでもきちんとすすぎをしなければ意味がありませんし、洗浄力が強いシャンプーも良くないので、アミノ酸系のものを使うと良いでしょう。

又、過度なダイエットも、健康な体作りの為に大切なタンパク質を低下させてしまうので、毛根に栄養がいかずに、薄毛の原因になりますので、しっかりとした栄養素を摂る意味でも、無理なダイエットは止めましょう!

最後はストレスです。これは、当然と言えば、当然のことなので、ここで記述することは無いでしょう。

このように3つのポイントが、現代の女性の薄毛を深刻化させているわけですから、今日からこの3つを改善していく生活を心がけましょう!

参考サイト: 細くて短い抜け毛は危険信号!原因と対策